【文学作品】

【文学作品】

2018年紅白での星野源(おげんさん)の発言に共感した話。【紅白のアップデート】

2018年の紅白歌合戦。 皆さんご覧になられましたでしょうか? 今回は飽きさせない構成で、全体を通して楽しく観ることができました。 平均視聴率は41.5%(後半部分)と基準となる40%を超えたようで、高評価だったことがうかがえます。 ...
【文学作品】

『コンビニ人間』を読んだ感想【普通を押し付ける悪意のない暴力】

最近30歳という節目を迎えました。 この年になると、「いつ結婚するの?」「子どもは?」「昇進した?」など、自身の人生に関する質問が増えてきました。 日本では、「30歳になるころには、会社では部下を持ち、家に帰れば奥さんと小さな子供がいる...
【文学作品】

WOWOWに加入して半年で脱退した話。【良かったこと・悪かったこと】

「もっとたくさん映画を観たい!」と思い、半年前にWOWOWに加入しました。 加入してから現在まで、WOWOWのおかげで期待以上の映画ライフを満喫することができました。 加入してよかったと思っています。 しかし、今月WOWOWを脱退する...
【文学作品】

『夜空はいつでも最高密度の青色だ』を読んで感じたこと。~感情の泉につかる~

社会では常に理性的であることを求められます。 「感情的になるな。分析して論理的に考えろ。」と。 そんな生活をずっと続けていくと、自分の感情がちょっとずつ鈍くなっていく気がします。 感情の泉には大きく重い蓋が載せられ、いつしか感情があっ...
【文学作品】

『罪の声』感想 ~時間が解決しない苦しみの先にあるもの~

アメリカのことわざに、「Time is the great healer.」ということわざがあります。 直訳すると、「時間は偉大な治療師である」。 「時間が過去を忘れさせてくれる。」という意味です。 確かにそれは真理な気がします。 ...
【文学作品】

『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』の感想 ~既存のルールを破ることの善悪~

押し付けられたルールを破ることは、本当に悪いことなのか? この映画を観てそう思いました。 今回観た作品は『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』というタイの映画です。 作品情報 作品名:『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』 公...
スポンサーリンク