【文学作品】

【文学作品】

『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』の感想 ~既存のルールを破ることの善悪~

押し付けられたルールを破ることは、本当に悪いことなのか? この映画を観てそう思いました。 今回観た作品は『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』というタイの映画です。 作品情報 作品名:『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』 公...
【文学作品】

『Small is beautiful』の感想~今の時代だからこそ問われる顔の見える技術とは~

「Small is beautiful」 という言葉があります。 ドイツ生まれの哲学者・シューマッハが1973年に刊行した書物のタイトルです。 彼はこの本でエネルギー危機の時代が到来することを予言しました。 奇しくも刊行から数か月後、...
【文学作品】

映画『ラーメン食いてぇ!』を観た感想~人間にとって最大の喜びとは?~

「あー、ラーメン食いてぇ!」 そう叫びたくなる、身体の芯から食欲を刺激される映画でした。 作品情報 作品名:『ラーメン食いてえ!』 公開日:2018年3月3日 監督 :熊谷祐紀 主演 :中村ゆりか 共演 :葵わかな・片桐仁...
【文学作品】

村上春樹の結婚観から考える、夫婦生活が上手く行くコツとは?

「夫婦もしょせんは赤の他人同士。」 そう思った方が結婚生活は上手くいくのかもしれない。 村上春樹の言葉から、そんなことを学びました。 参考にした本は、村上春樹と日本を代表する心理学者・河合隼雄の対談集『村上春樹、河合隼雄に会いにいく』...
【文学作品】

映画『RAW-少女のめざめ』を観た感想~生々しい程の生きている実感~

「食人」を通して、「少女の成長」と「究極の愛」を描いた衝撃的な作品、『RAW-少女のめざめ』。 あまりにもショッキングな映像が多く、鑑賞後は食事が手につかなくなります。。 が、作品の根底に描かれているのは人間普遍的な要素なのかも。 ...
【文学作品】

「村八分」の由来から考える日本社会の私刑制度と共同体意識

村八分(むらはちぶ)という言葉を今でもたまに耳にします。 「集団的イジメ・無視」という意味合いで使われますが、起源を調べると現代の解釈とちょっと違うようです。 本来の起源には、日本的な義理人情が含まれていました。(諸説あり) 今...
スポンサーリンク